2016年3月18日金曜日

サプライズ!お楽しみ会!!


 「6年生を送る会」、「ひみつの給食」が終わり、RS6年生ありがとうサプライズ大作戦)の活動は全て終了!大成功!!と皆が思っていました。ところが水面下で別の計画が進んでいました。名付けて「RSS」、「RSお疲れ様サプライズお楽しみ会」です。保健委員会と掲示委員会の子どもたちが中心となって担任にお楽しみ会を開く時間がほしいと訴えてきたのです。

 11日(金)4限の家庭科「家族とほっとタイム」の学習でフルーツ白玉を作り、保健委員会と掲示委員会の子どもたちが、他の委員会の子どもたちには「卒業式の練習」と称して教室にとどまってもらうよう話し、全員分のフルーツ白玉の盛り付けをしました。準備が整った段階で教室に連絡し、他の委員会の子どもたちがランチルームに集まってきました。そこで拍手を受けながら入場。すっかり準備の整ったテーブルに座ったのです。

 始めの言葉で、「この会のねらいは二つ。RS実行員会の友達にご苦労様と伝えること。二つ目は皆で頑張って成功したことをお祝いすること。そして、皆で楽しむこと。」という話がありました。担任からも子どもたちの頑張りを話しました。

 その後は、ゲームをしたり体育館で風船バレーをしたりして楽しみました。その準備や説明、トーナメント表やくじ作りなども全て2つの委員会の計画でできたことです。そして、極めつけは担任にまでサプライズがあったことです。一人一人が担任に向けてメッセージカードを書いてプレゼントしてくれました。たくさんの感謝の言葉をもらい、嬉しかったです。

 1年間、いろいろなことを企画・運営してきたことで、ひまわり学年の子どもたちは人を喜ばせることが上手になったと思います。これは大事な力の一つです。最高学年になったときに生きていくことでしょう。